「学校に行きたくない」 コロナ禍の子どもにストレス

「学校に行きたくない」 コロナ禍の子どもにストレス
出典:時事メディカル – 「学校に行きたくない」 コロナ禍の子どもにストレス

新型コロナウイルス感染症によって一時、小学校や中学校などが休校に追い込まれた。その後、登校が再開され、「子どもたちの生活は日常に復帰した」と、胸をなで下ろしている保護者も多かったかもしれない。しかし、子どもたちは「学校に行きたくない」と感じているケースもあるなど、保護者と子どもの意識に差があることが医療機関の調査で明らかになった。

  • 国立成育医療研究センターの調査では、回答した子どもたちの約30%が「学校に行きたくないことがある」と回答している。
  • また、約10%がコロナ禍で生じた生活の変化について、保護者や教師から背景を全く説明してもらっていないと感じていることも分かった。
  • 同センター「コロナ×こども本部」の半谷(はんがい)まゆみ研究員は「新型コロナの流行が比較的落ち着いている時期であっても、子どもたちの置かれた心理状況は決して安心できないことが見えてきた」と指摘。

続きは時事メディカルのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう