とびひ(伝染性膿痂疹) – 学校で予防すべき感染症シリーズ

とびひ(伝染性膿痂疹) - ほけんだよりプラス - 学校で予防すべき感染症シリーズ
とびひ(伝染性膿痂疹、でんせんせいのうかしん)は、ブドウ球菌などの皮膚感染によって、紅斑、水疱、びらん及び厚い痂皮(かひ)ができる疾患です。夏期に多く、乳幼児に好発します。とびひは、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に分類されています。

とびひ(伝染性膿痂疹)の症状

家族で清潔のイラスト
とびひの病原体は、主として黄色ブドウ球菌やA群溶血性レンサ球菌です。接触感染で伝染します。痂皮にも感染性が残っています。

とびひ(伝染性膿痂疹)の原因

細菌のイラスト
紅斑を伴う水疱や膿疱が破れてびらん、痂皮をつくります。かゆみを伴うことがあり、病巣は擦過部に広がります。ブドウ球菌によるものは水疱をつくりやすく、A群溶血性レンサ球菌は痂皮ができやすいです。病巣が広がると外用薬、更に内服や点滴による適切な抗菌薬療法を必要とすることがあります。

とびひ(伝染性膿痂疹)の予防

伝染性紅斑の予防
皮膚を清潔に保つことが大切です。集団生活の場では感染予防のため病巣を有効な方法で覆うなどの注意が必要です。ワクチンはありません。

登校(園)の基準

出席停止の必要はありませんが、炎症症状の強い場合や、化膿した部位が広い場合は、傷に直接触らないように指導します。

子どもたちのイラスト



Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

とびひ(伝染性膿痂疹) - ほけんだよりプラス - 学校で予防すべき感染症シリーズ
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう