B型肝炎 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

B型肝炎 - ほけんだよりプラス - 学校で予防すべき感染症シリーズ
血液や体液を介して感染するウイルス性肝炎の一つで、以前は輸血に伴う感染や、出産に伴う母親から垂直感染が問題となりました。輸血用血液のスクリーニング検査や、母児感染防止事業によって発生数が減少していますが、事業の対象となる新生児の約10%で出産時及びその後の予防処置の脱落や胎内感染がみられ、 また近年、幼少時の家族内感染や思春期以降の性的接触による感染が増加しています。また、これまで海外に多いとされていたタイプの感染者が日本でも増えて おり、従来のタイプに比べると、3歳以降においても HBVキャリアになる例が増加しています。日本は、年間 6,000人以上の新規感染者があり、 B型肝炎ウイルスに よる肝がんの死亡者は年間約5,000人、肝硬変による死亡者数は年間1,000人と推定されています。 B型は、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に分類されています。

B型肝炎の症状

B型肝炎のイラスト
B型肝炎の病原体は、B型肝炎ウイルス (HBV)です。HBVキャリアの母からの垂直感染、HBVキャリア者の傷口との接触、歯ブラシやカミソリなどの共用に伴う水平感染、性行為による感染などで伝染します。

B型肝炎の原因

細菌のイラスト
出生時や乳幼児期の感染は無症候性に経過することが多いのですが、持続感染 (HBVキャリア)に移行しやすいです。急性肝炎を発症した場合は倦怠感、発熱、黄疸などがみられます。まれではありますが劇症肝炎に発展し死に至る場合もあります。急性肝炎の多くは治癒しますが、一部はキャリアとなり、またやがて 10~15%の慢性肝炎、肝硬変、肝癌へ進行します。治療は、急性肝炎の場合は対症療法が多く、慢性肝炎の場合は抗ウイルス薬やインターフェロン療法などがあります。

B型肝炎の予防

伝染性紅斑の予防
HBVキャリアの家族には積極的にワクチン接種を行います。母児感染予防はその一環で、HB免疫グロブリン(HBIG)とHBVワクチンを用いて予防します。 家族内では歯ブラシ、カミソリの共有を避けましょう。幼稚園など不特定多数の幼児が生活するところでは、血液に触れる場合は使い捨て手袋を着用するなど、 医療機関などで行われている標準予防策と同様にすることが必要です。

登校(園)の基準

急性肝炎の急性期でない限り、登校 (園) は可能です。HBVキャリアの出席停止の 必要はありません。ただし、キャリアの血液に触れる場合は手袋を着用するなど、上記の標準予防策を守ることが大切です。例外的な場合、例えばHBVキャリア児が非常に攻撃的でよくかみ付く、全身性の皮膚炎がある、出血性疾患がある等、血液媒介感染を引き起こすリスクが高い場合には、主治医、保育者、施設責任者が個別にそのリスクを評価して対応する必要があります。

子どもたちのイラスト



Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

B型肝炎 - ほけんだよりプラス - 学校で予防すべき感染症シリーズ
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう