サルモネラ感染症(腸チフス、パラチフス除く)、カンピロバクター感染症 – 学校で予防すべき感染症シリーズ

サルモネラ感染症(腸チフス、パラチフス除く)、カンピロバクター感染症 - 学校で予防すべき感染症シリーズ
サルモネラ感染症(腸チフス、パラチフス除く)、カンピロバクター感染症は、食中毒による急性細菌性腸炎です。わが国では、サルモネラの食中毒事例はここ数年間常に、腸炎ビブリオと一、ニを争う代表的食中毒原因菌で、チフス性疾患をおこすチフス菌やパラチフス菌もサルモネラ菌の一種です。サルモネラの食中毒はカンピロバクターと同様大型の事例が多く、学校、福祉施設、病院で多発しています。サルモネラは健康な成人ではその症状が胃腸炎にとどまりますが、小児や高齢者では重篤となることがあります。サルモネラ感染症(腸チフス、パラチフス除く)、カンピロバクター感染症は、学校保健安全法施行規則でその他の感染症に分類されています。
主な病原体別にみた件数の年次推移(1985~2002年)(厚生労働省「食中毒推計」)
主な病原体別にみた件数の年次推移(1985~2002年)(厚生労働省「食中毒推計」)
国立感染症研究所

サルモネラ感染症(腸チフス、パラチフス除く)、カンピロバクター感染症の原因

サルモネラ菌
サルモネラ感染症(腸チフス、パラチフス除く)、カンピロバクター感染症の原因菌は、サルモネラ菌、カンピロバクター菌です。家畜、は虫類、ペットなどが保菌しており、鶏肉、鶏卵、牛乳、魚などの食品を介して経口感染します。サルモネラ、カンピロバクターともに菌排出は数週間以上続くことがあります。

サルモネラ感染症(腸チフス、パラチフス除く)、カンピロバクター感染症の症状

嘔吐
下痢、血便、嘔吐、発熱。カンピロバクターでは、発症数週間後にギランバレー症候群という、末梢神経まひ疾患を併発することがあります。治療は安静、食事療法、補液、抗菌薬など。下痢止め薬は排菌を遅延させる可能性もあり、必ずしも使用は推奨されません。

サルモネラ感染症(腸チフス、パラチフス除く)、カンピロバクター感染症の予防

hand-wash
調理者の手洗い、調理器具の洗浄、食品の加熱(中心部が75℃、1分以上など、食中毒予防の各種ガイドラインに従う)。ワクチンはありません。

登校(園)の基準

下痢が軽減すれば登校(園)可能ですが、菌の排出は長く続くことがあるので、排便後の始末、手洗いの励行が重要です。



Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう