自転車、危険な場所を「ぶたはしゃべる」で確認

自転車、危険な場所を「ぶたはしゃべる」で確認
出典:YomiDr.(読売新聞) – 自転車、危険な場所を確認

夏休みは、子どもだけで自転車に乗る機会が増える。行動範囲が広がる分、車との出合い頭の事故などに遭う危険性も高まり、親の不安は大きい。親子一緒に近所を自転車で走るなどして、危険な場所を子どもと確認しておくことが大事だ。

  • 小学生の自転車事故で最も多いのが、車との出合い頭の事故だという。裏道の交差点や幹線道路と脇道の交差点で多発している。
  • 「歩道を自転車で走る小学生はドライバーの死角になりやすいので、車の動きに特に注意して」と呼びかけ。
  • 「ブレーキの利きが悪いなど整備していない自転車に乗ると、命に関わる。大人がこまめに点検して」と話す。

続きはYomiDr.(読売新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう