「心の性」学校配慮12年 文科省通知具体化の功罪

「心の性」学校配慮12年 文科省通知具体化の功罪
出典:神戸新聞NEXT – 「心の性」学校配慮12年 文科省通知具体化の功罪

文部科学省は2015年、GIDの児童・生徒に対する配慮を求める通知を全国の教育委員会宛てに出した。「画期的」と評価する声がある半面、支援の事例集が「柔軟性を欠いた対応を招く」との批判もある。関係者に話を聞いた。

  • 性同一性障害(GID)のため小学校から「心の性」で受け入れられた兵庫の優さん(18)=仮名=に続き、全国の学校で同じ悩みを抱える子どもたちが声を上げた。
  • 文科省の通知には、最後に「支援の事例」という9項目にわたる一覧表がついており、「服装」という項目では「自認する性別の制服・衣服や、体操着の着用を認める」とある。
  • 抽象的な文言だけでなく、具体的な対応に切り込んだ通知で、評価する声があるゆえんだ。

続きは神戸新聞NEXTのサイトで




この記事が気に入ったら
いいね!しよう