<兵庫県>児童に「性の多様性」指導 宝塚市教委が手引書

児童に「性の多様性」指導 宝塚市教委が手引書
出典:神戸新聞NEXT – 児童に「性の多様性」指導 宝塚市教委が手引書

兵庫県宝塚市教育委員会は25日、小中学生や就学前児童に「性の多様性」を指導する際の「手引書」を作ったと発表した。教職員や保育士向けに、授業モデル案や保育案を紹介。発達段階に応じ、自分らしさや性的少数者などを考える内容となっている。

  • 同市教委によると、同種の手引書は兵庫県内で初めてといい、2月下旬に配布し、授業への活用を提案する。
  • 同市は同性カップルをパートナーとして認め、公的書類を発行する制度の導入など性的少数者の支援に力を入れてきた。
  • 手引書は「中学校・高校の学齢期に性的指向に関連する出来事が多く発生していることから、それまでに『性の多様性』に関する指導は必要不可欠」としている。

続きは神戸新聞NEXTのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう