<佐賀県>初のLGBT調査へ 県教委、全小中学校を対象

初のLGBT調査へ 県教委、全小中学校を対象
出典:佐賀新聞LIVE – 初のLGBT調査へ 県教委、全小中学校を対象

佐賀県教育委員会が県内小中学校の人権・同和教育担当の教職員を対象に、同性愛や両性愛など「LGBT」に関する初のアンケート調査を12月から始めた。児童生徒や保護者からの相談の有無を尋ね、希望する服装や髪形を認めるなど文部科学省が示した配慮をしているかどうかを調べる。来年3月をめどに回答をまとめて課題を把握し、望ましい対応の在り方を探る。

  • 県学校教育課が例年実施している「学校における人権・同和教育推進状況に関する調査」に初めて設問を盛り込んだ。私立を含むすべての小中学校を対象。
  • 具体的には相談の有無や、実施している配慮の手だてを尋ねる。自認する性別の制服や水着の着用を許可したり、多目的トイレの使用を認めたりするなど、文科省が例示した配慮が学校現場で実践されているかどうかを確認。
  • 文科省は2013年4月から12月にかけて、全国の小中高校で、性同一性障害に関する対応の実態調査を初めて実施。

続きは佐賀新聞LIVEのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう