わが子がLGBTだと知ったらどうするか 地方で苦しむ性的マイノリティーの子どもたち

わが子がLGBTだと知ったらどうするか 地方で苦しむ性的マイノリティーの子どもたち
出典:AERA Dot – わが子がLGBTだと知ったらどうするか 地方で苦しむ性的マイノリティーの子どもたち

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとってLGBT。性的マイノリティーを表すために生まれ、定着しつつある言葉だ。たしかに一定の理解は進んだ。だが、LGBTとひとくくりにすることで、塗りつぶされてしまった「個」や思いがあるのではないか。性的マジョリティー側は「わかったような気持ち」になっているだけではないのか。AERA6月12号の特集は「LGBTフレンドリーという幻想」。虹色の輝きの影で見落とされがちな、LGBTの現実に迫る。

続きはAERA Dotのサイトで




この記事が気に入ったら
いいね!しよう