<新潟県>妙高「自慢の湧き水」で児童43人が食中毒 「名水もそのまま飲まないで」

妙高「自慢の湧き水」で児童43人が食中毒 「名水もそのまま飲まないで」
出典:BIGLOBE NEWS – 妙高「自慢の湧き水」で児童43人が食中毒 「名水もそのまま飲まないで」と新潟県

新潟県妙高市立小学校の3年生児童らが飲んで食中毒になった湧き水は、県の調べによると、しみ出る場所ではなく、水を通したパイプから汲んでいた。県では、しみ出る場所が汚染されたことも可能性の1つとして考えられるとしている。

  • 児童らの食中毒は、カンピロバクターという細菌によるものだった。
  • 鳥獣の腸管内にいるとされ、フンなどを通じて感染が広がる。
  • 小学校では今回、校外学習の一環として2017年5月26日、妙高市の猪野山地区の里山の頂上付近にある湧き水まで足を運んだ。
  • 水を自宅に持ち帰った児童もいるため、児童27人と家族16人の計43人が発熱や下痢などの症状を訴え、児童3人が入院する事態になった。
  • 3人はすでに退院し、ほかの児童らも快方に向かっているという。

続きはBIGLOBE NEWSのサイトで




この記事が気に入ったら
いいね!しよう