子供の先天性心臓病 患者自身が治療後に気をつけないと…

子供の先天性心臓病 患者自身が治療後に気をつけないと…

生まれつき心臓に病気がある先天性心疾患。医療技術が進歩し、今では手術や投薬により95%以上が治療に成功し、成人期を迎えるようになった。一方、病気への理解が不足し、病気が治ったと思い込んで検査に行かなくなったり、薬を飲まなくなったりして、再び患う人が増えている。このため、患者への啓発の必要性が指摘されている。(油原聡子)

参考情報

Screenshot

全国心臓病の子どもを守る会- – しんぞう手帳

新しく発行した「しんぞう手帳」は心臓病をもつ患者本人、家族が、表紙医療情報を記録できるように作成しました。
この1冊で、赤ちゃんから成人まで使えるようになっています。
Screenshot

<産経ニュース>

子供の先天性心臓病 患者自身が治療後に気をつけないと…



Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう