<兵庫県> 子どもの新たな居場所に 神戸の教会に食堂開設

 ひとり親や共働き家庭を含めたすべての子どもに食事を無料で提供する「こどもワクワク食堂」が28日、神戸市兵庫区塚本通4のカトリック兵庫教会にオープンし、約100人が訪れた。今後、毎月第4土曜の昼食時に開く。

Screenshot

神戸新聞 NEXT

子どもの新たな居場所に 神戸の教会に食堂開設

 近くに住む健康管理士一般指導員の榎本憲子さん(55)が中心となり開設。スーパーでかつて働いていた息子から、毎晩値引きシールが貼られる頃に弁当を買いに来る小学生兄弟がいると聞いた。子どもの居場所づくりを考えていたところ、教会から食堂開設を打診された。集会所約150平方メートルを活用し、いすと机を並べた。食材は、会員制交流サイトのフェイスブックなどで呼び掛けて調達する。この日訪れた親子連れらは、教会の信者らが調理したカレーライスや魚料理、野菜炒めなどを口にし、おしゃべりに花を咲かせた。
こども食堂に新たな輪
 榎本さんは「何を食べるかだけでなく、誰とどこで食べるのかも大事。子どもが栄養ある温かいご飯を食べられ、忙しい親にとってもほっとできる場にしたい」と話す。正午~午後3時。中学生以下無料、高校生以上500円。榎本さんTEL070・5463・8902


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう