朝食抜くと肥満の原因に “いつ食べるか”が問題-時間栄養学

朝食抜くと肥満の原因に “いつ食べるか”が問題-時間栄養学
出典:産経ニュース – 朝食抜くと肥満の原因に “いつ食べるか”が問題-時間栄養学

  • メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や肥満改善を目指す取り組みの中で、体内時計を考慮に入れた「時間栄養学」が注目されている。
  • 1日3食を食べるタイミングの見直しが体調の改善や生活習慣病の予防に役立つ。
  • 体は食事のタイミングで活動期と休息期を決めていく。食べる時間や配分を見直すと、生活リズムが整い、血糖値やコレステロール、血圧も改善に。
  • 朝食は起床後1時間以内に食べ、体温と代謝を上げる。代謝がいい昼には食品を多く摂取。
  • おやつは脂肪をため込む作用が低い明るい時間(午後2~4時)に。脂肪蓄積時間帯に入る午後8時までには夕食を終える。
  • 『食べない』ではなく、『効率よく食べる』ことが大切。
  • 時間栄養学は新しい学問で、生物の周期的現象を扱う時間生物学の視点から栄養学を研究する。健康作りの分野での応用が期待される。

時間栄養学|もっと野菜を。もっと食卓に。|キユーピー

キユーピー 野菜サイト「もっと野菜を。もっと食卓に。」は、いつも使っている野菜の選び方や保存方法、栄養にまつわる情報などを紹介するサイトです。旬に関する情報やレシピに関する情報も多数掲載中。ぜひご活用ください。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう