<福井県> 小中学生ら240人食中毒症状=給食原因か

福井県若狭町の8小中学校の児童生徒ら約240人が食中毒とみられる症状を訴えていることが23日、同町教育委員会への取材で分かった。少なくとも約40人が医療機関を受診し、小学2年生の男児1人が入院しているという。

Screenshot

時事ドットコムニュース

小中学生ら240人食中毒症状=給食原因か-福井・若狭町

 町教委や県によると、22日に同県小浜市の医療機関から、「食中毒のような症状の患者がいる」と県の健康福祉センターに通報があった。調査の結果、町内の6小学校と2中学校の児童生徒や教職員らが下痢や嘔吐(おうと)、発熱といった症状を訴えていることが分かった。
outo
 児童らに症状が出ているのは、「若狭町給食センター」が給食を提供している小中学校で、町教委は20日以前の給食が原因の可能性が高いとみている。自校で給食を調理している他の4小学校で発症者の報告はないという。県が同センターに立ち入り調査し、原因を調べている。


Schoowell(スクウェル)に無料会員登録しませんか?

どうしてなるの?「あせも・汗あれ」
Schoowellでは、健康に関するテーマを毎回設け、テーマに関する重要事項の解説、最新情報などイラストを使用し、わかりやすく解説しています。
Schoowellの登録会員様には、A4サイズのPDFでダウンロードすることもでき掲示板への掲載や生徒へ配布等ご使用できます。

皆様のご登録をお待ちしております。
Schoowell(スクウェル)事務局 一同

この記事が気に入ったら
いいね!しよう