<静岡県> 心臓病・花愛ちゃんに「生きる機会を」

重い心臓病「拡張型心筋症」を患う牧之原市の岩倉花愛はなちゃん(5か月)の米国での心臓移植手術を実現させようと、両親と支援団体「はなちゃんを救う会」が募金活動を始めた。

Screenshot

読売新聞

心臓病・花愛ちゃんに「生きる機会を」

高額な手術費や渡航費を賄うための目標額は約3億1000万円。両親は「花愛に生きるチャンスを与えてください」と訴えている。

 花愛ちゃんは生後1か月ほどで、心臓の筋肉が薄くなってポンプ機能が低下する「拡張型心筋症」と診断された。現在は、大阪府内の病院で補助人工心臓をつけて生活しているが、血栓ができやすく、感染症や脳梗塞など合併症の恐れもあり、命の危険にさらされている。治療には心臓移植手術が必要となるが、国内では6歳未満の事例がほとんどないという。
手術
 「一刻も早く手術を受けさせてあげたい。皆さんのご協力をお願いします」――。13日、県庁で記者会見した父・岩倉永幸さん(30)と母・雅子さん(30)は涙ながらに訴えた。
 両親は昨年1月、拡張型心筋症で娘の幸々花(ここな)ちゃんを生後53日で亡くした。永幸さんは「まさか同じ病気にはならないだろうと思っていた」と振り返る。
 花愛ちゃんは、米・コロンビア大で手術を受けられることになったが、手術費や渡航費を含めると約3億1000万円かかる。

 今後、週末に静岡市、浜松市などで募金活動を行う予定。寄付は振り込みでも受け付ける。ボランティアも募集している。振込先などの問い合わせは「はなちゃんを救う会」事務局(0548・27・1226)へ。

Screenshot

はなちゃんを救う会 – はなちゃんに心臓移植を!

静岡県牧之原市在住の、岩倉花愛・はなちゃん(平成28年1月5日生:現在生後5か月)は、生後しばらくして「拡張型心筋症」という難病を発症しました。心臓移植手術が唯一の助かる道です。皆様のあたたかいご協力をよろしくお願いします。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう