スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



<北海道>難病の2歳、募金目標3億2000万円を達成

札幌市内で生まれ、心臓の難病である拡張型心筋症を患う青山 環たまき ちゃん(2)の米国での心臓移植を目指し、募金活動を行っている「たまきちゃんを救う会」(本部事務所・仙台市)は4日、これまでの募金の総額が当初の目標の3億2000万円に達したことを明らかにした。いったん募金活動を終了するという。

Screenshot

YomiDr – 読売新聞

難病の2歳、募金目標3億2000万円を達成

 同会によると、環ちゃんは2014年9月、札幌市内の病院から大阪府の大阪大病院に転院。米シアトルの病院に渡って臓器提供を待つことにしていたが、7月初旬に肺炎になり、体調の回復を図っている。また、補助人工心臓について、既に付けている心臓の左側に加え、心不全が進行している右側にも付けるかどうか、シアトルの病院の判断を待っている状態だ。
心臓移植
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

 同会では、「募金を始めて4か月半で目標金額に達し、感謝の気持ちしかない。引き続き、環ちゃんを応援してほしい」としている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう