<秋田県>ツツガムシ病患者激減、40年ぶり1桁台

ツツガムシ病患者激減、40年ぶり1桁台
出典:読売新聞 – ツツガムシ病患者激減、40年ぶり1桁台

  • 野山や田畑に生息するダニの一種「ツツガムシ」の幼虫に刺されて「ツツガムシ病」に感染する人が秋田県内で減少。
  • 戦後のピークだった1985年には82人の届け出があったが、過去10年では10~20人台で推移し、2016年は40年ぶりの1桁台となる3人に。
  • ツツガムシ病は、ツツガムシの全体のごくわずかの幼虫が「リケッチア」と呼ばれる病原体を持ち、人に吸着して感染。
  • 刺されると赤褐色の発疹や発熱などの症状を引き起こす。
  • 県内では春先から初夏にかけて感染することが多い。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう