スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



<大阪府>ロタウイルス、人工的に作製…ワクチン開発に期待

ロタウイルス、人工的に作製…ワクチン開発に期待
出典:yomi Dr./ヨミドクター(読売新聞) – ロタウイルス、人工的に作製…ワクチン開発に期待

  • 大阪大の小林剛准教授らのグループが、ロタウイルスを人工的に合成することに初めて成功したと発表。
  • 新しいワクチンなどの開発につながる可能性がある。
  • ロタウイルスは5歳までにほぼ全ての子どもが感染し、発症者は国内で年間約80万人と推定。
  • い子どもを中心に下痢や嘔吐などを起こし、重症化すると死亡するケースもある。
  • 小林准教授らは、ウイルスの増殖を促す働きを持つたんぱく質があることに着目。
  • 札幌医科大の小林宣道教授(微生物学)は「応用すれば、様々な遺伝子を持つロタウイルスの合成が可能になる。未知の部分が多いロタウイルスの研究が活発化するのでは」と話している。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう