<長崎県>オール電化厨房でハサップに対応 A型で障害者らが1日1100食のお弁当

オール電化厨房でハサップに対応 A型で障害者らが1日1100食のお弁当
出典:福祉新聞 – オール電化厨房でハサップに対応 A型で障害者らが1日1100食のお弁当

  • 東京オリンピック・パラリンピックに向けて制度化される予定の食品衛生管理の国際基準HACCP(ハサップ)。
  • 長崎県雲仙市の障害者就労継続支援A型事業所「味彩花」(社会福祉法人南高愛隣会)は5年前、衛生面の強化と働く環境を整えるために大型設備を導入し、オール電化厨房に建て替えた。
  • 1日平均1100食のお弁当などを、安全性はもちろん手作りと地元の自然素材にこだわり作っている。

続きは福祉新聞のサイトで

ほけんだよりプラス:O157 – 食中毒予防のための、わが家のハサップ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう