精神疾患の親を持つ子供へ 「一人じゃない」声かけを

精神疾患の親を持つ子供へ 「一人じゃない」声かけを
出典:NIKKEI STYLE – 精神疾患の親を持つ子供へ 「一人じゃない」声かけを

  • 配偶者や子育て中の近所の人が、うつ病やアルコール依存症などの精神疾患を抱えていたら……。子供がつらい思いをしていないか、気がかりになるだろう。何かしてあげたい、でもどうすれば。「あなたは一人じゃないよ」。まずは積極的に話しかけたい。。
  • 「お母さんが泣いている。どうしよう。僕のせいかも」「前はいつも笑ってくれたのに、僕のこと嫌いになっちゃったのかな」。
  • さいたま市こころの健康センターは依存症などの親を持つ小中学生向けのプログラムを開催する=同センター提供。

続きはNIKKEI STYLEのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう