“コーヒーが健康に悪い”は嘘だった うつ病を防ぎ、寿命を伸ばすことが判明

“コーヒーが健康に悪い”は嘘だった うつ病を防ぎ、寿命を伸ばすことが判明
出典:ハーバービジネスオンライン – “コーヒーが健康に悪い”は嘘だった うつ病を防ぎ、寿命を伸ばすことが判明

  • かつて、コーヒーは体に悪い飲み物と言われていました。
  • カフェインが胃腸の粘膜を荒らすうえに、睡眠の質を下げてしまうと考えられたからです。
  • が、それも今は昔の話。ここ数年の研究によりコーヒーの立場は逆転し、科学の世界では、いまや「最強の健康飲料」と呼ぶ声まで出てきています。
  • そのメリットは幅広く、ダイエットや集中力アップのような身近なものから、糖尿病やアルツハイマーといった難病にも効果があり、果ては寿命を伸ばす作用まで確認されたというから驚きです。

続きはハーバービジネスオンラインのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう