はしか患者 2年連続増 「海外旅行前にワクチンを」

はしか患者 2年連続増 「海外旅行前にワクチンを」
出典:東京新聞 – はしか患者 2年連続増 「海外旅行前にワクチンを」

はしかの今年の患者数が百六十三人となり、関西空港で集団発生があった昨年一年間の百五十九人を既に上回ったことが、国立感染症研究所の調査で分かった。海外で感染した人を起点とした集団発生が各地で起きている。ワクチン接種の徹底によって過去最低の三十五人だった二〇一五年から一転し、二年連続の増加。対応を怠ると再び流行国になる恐れがあるとの指摘も専門家から出ている。

  • 東南アジアや欧州で患者が増えており、海外に行く人が増える夏休みを控え、感染研の多屋馨子(けいこ)室長は「ワクチンを二回受けていない人は、今のうちにぜひ接種をしてほしい」としている。
  • 感染研によると、六月十八日現在で最も多いのは山形県の五十三人。続いて三重県の二十二人、東京都十七人、広島県の十一人となる。感染したとみられる国はインドネシアが最多で、そのほかタイやマレーシア、シンガポールなどが報告されている。
  • 山形県で三月、インドネシアから帰国した男性の感染が判明し、五月に終息するまで患者が相次いだ。三重県は二月に集団発生を確認。広島県でも二月に発生、保育園児などに患者が出た。

続きは東京新聞のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう