夏場の食中毒、予防・対策は万全ですか? インテージ、食中毒対策に関する自主企画調査を公開

夏場の食中毒、予防・対策は万全ですか? インテージ、食中毒対策に関する自主企画調査を公開
出典:時事ドットコムニュース – 夏場の食中毒、予防・対策は万全ですか? インテージ、食中毒対策に関する自主企画調査を公開

株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃、以下:インテージ)は、自主企画調査、および独自に保有するデータから、食中毒の経験や、予防・対策の実態を分析しましたので、その結果をご紹介します。

  • 食中毒と思われる症状を経験したことがあるのは、全体で31.2%。女性でやや高い傾向。
  • 夏場の食中毒対策には、63.1%が「気をつかっている」と回答。
  • 日常的に料理をしている人が行っている具体的な食中毒対策として、最も多くの人が実践しているのは「肉や魚は充分火を通す」(78.6%)、次いで「購入した食材はできるだけ早く冷蔵庫に入れる」(69.4%)。
  • お弁当の食中毒予防として行っているのは、「直接手を触れない」など食品に菌をつけないための工夫や、「保冷剤」や「抗菌シート」「抗菌カップ」などを使って菌をふやさないための工夫。

続きは時事ドットコムニュースのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう