食材の冷凍保存の常識、寄生虫は死ぬが菌は死なない

食材の冷凍保存の常識、寄生虫は死ぬが菌は死なない
出典:Infoseek News – 食材の冷凍保存の常識、寄生虫は死ぬが菌は死なない

夏のこの時期。気になるのは食材の安全性を保てるかどうかだ。そこで、知っておきたいのが冷凍保存の常識。冷凍保存は便利だけれど、ちょっとしたことで味が損なわれたり、食中毒が起こるリスクもある。気になる疑問の答えを、冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんに聞いた

  • 冷凍保存袋ではなく、薄手のポリ袋でもよいのだろうか?:「冷凍用の保存袋は厚めで、確実に密封できるように作られています。使い捨てがもったいないなら、冷凍用保存容器を利用して。食材を入れ、表面にラップしてからふたを閉めれば乾燥や酸化を防げます」
  • 牛乳も冷凍できる?:「冷凍すると分離してしまうため、解凍したものをそのまま飲むことはできません。シチュー、ポタージュ、ホワイトソースなど加熱料理に使えば問題ありません」
  • アルミホイルでもラップの代用はできるもの?:「アルミホイルでも密封はできますが、レンジで解凍するときに使えない、中身が見えないなどのデメリットもあるので、ラップのほうが便利です」
  • 夏場に特に気になる――冷凍で殺菌はできる?:「寄生虫などは冷凍によって死にますが、菌は増殖を抑えるだけで、死にはしません。解凍後、活動を再開し、あっという間に増殖しますので、保存袋は使いまわさない、容器はよく洗って、水気を完全にふき取るなど衛生面には十分に気をつけて」

続きはInfoseek Newsのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう