インフルエンザで9月に学級閉鎖多発 予防接種ワクチンが足りない不安も

インフルエンザで9月に学級閉鎖多発 予防接種ワクチンが足りない不安も
出典:J-CAST NEWS – インフルエンザで9月に学級閉鎖多発 予防接種ワクチンが足りない不安も

9月後半になって、早くもインフルエンザの流行がみられる。首都圏では学級閉鎖となる学校が急増している。

小中学生の子を持つ親としては、早めに予防接種をと考える人もいるだろう。だが今年は、ワクチンの製造量が例年より少なくなる。影響が不安視される。

  • インフルエンザは例年、秋から徐々に患者が増えて1~2月の寒い時期に流行のピークを迎える。ところが2017年は、気温が高めの9月でも患者の報告が多くなっている。
  • 厚生労働省の2017年9月22日付発表によると、最新となる第37週(9月11日~17日)のインフルエンザ報告数は、全国の総数が1081人で、前年同期比で約2.4倍となった。
  • 定点当たりの報告数は0.22人で、前週(第36週)の0.18人から上昇傾向だ。最も多かったのは沖縄県で3.98人と突出しており、福井県1.09人、広島県0.74人と続く。
  • 小中学校では、インフルエンザ流行により学級閉鎖が続出している。

続きはJ-CAST NEWSのサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう