麻疹患者数、昨年を上回る…発症者の広範囲移動で感染拡大か

麻疹患者数、昨年を上回る…発症者の広範囲移動で感染拡大か
出典:YomiDr.(読売新聞) – 麻疹患者数、昨年を上回る…発症者の広範囲移動で感染拡大か

国立感染症研究所は17日、今年の麻疹(はしか)の患者数が今月8日までの集計で185人となり、昨年1年間の患者数(159人、暫定値)を超えたと発表した。9月には、入国した外国人が国内で発症し、東日本を中心に広い範囲を移動していたことから、「感染が拡大している可能性がある」として、医療機関に注意を呼びかけている。

  • 発表によると、都道府県別では、今春に自動車教習所で集団発生があった山形が53人で最も多く、東京が28人、三重が22人と続く。
  • 最近では、9月に成田空港から入国した外国籍の20歳代女性2人が、観光などで東京、富山、宮城など13都府県を回っている間に、麻疹を発症していた。

続きはYomiDr.(読売新聞)のサイトで

麻しん(はしか)– 学校で予防すべき感染症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう