親の「心の病気」は子に遺伝するのか?

親の「心の病気」は子に遺伝するのか?
出典:マイナビニュース ヘルスケア – 親の「心の病気」は子に遺伝するのか?

「子は親の鏡」という言葉があります。実際、子どもは小さい頃はそれほど自分に似てないような気がしても、成長するにつれ、いつの間に自分そっくりになっていたりします。また、自分が子供だった頃の写真を見返して、今の自分の子供とそっくりのものを見つけて驚かれることもあるでしょう。

  • 心の病気は、一般に生物学的、社会環境的、そして心理的要因などの複数の要因が、ネガティブな方向に相互作用した結果として発症。
  • 遺伝的要因は生物学的要因として最重要。心の病気は中枢神経系の何らかの不調を反映したものです。
  • 遺伝子は人体の設計図であり、中枢神経系の構造も遺伝子に記された遺伝情報に基づいています。。
  • もしも、遺伝子の一部に通常とは異なる何らかの変異があれば、それはその人の個性と見ることもできますが、場合によっては、心の病気の発症と関連深いものもあります。

続きはマイナビニュース ヘルスケアのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう