<滋賀県>発達障害の教育支援進まず 滋賀県立高、計画作成5割止まり

発達障害の教育支援進まず 滋賀県立高、計画作成5割止まり
出典:京都新聞 – 発達障害の教育支援進まず 滋賀県立高、計画作成5割止まり

滋賀県教育委員会は7日、全県立高校で、発達障害を含む「特別な支援を必要とする生徒」が、計1338人(9月1日現在)いることを明らかにした。全生徒数の4・2%にあたる。発達障害の疑いがある生徒に対する個別の教育支援計画の作成率が、5割程度にとどまっていることも分かった。

  • 県教委によると、「特別な支援を必要とする生徒」の数は、各県立高校にある校内委員会が把握した数の合計で、2015年度は960人、16年度は1153人と年々増加傾向に。
  • 個別の教育支援計画は、福祉や医療などの関係機関が連携し、一貫した教育支援を行うために作成する生徒の「カルテ」のような存在。昨年度の中学校での作成率は6割程度だった一方、高校では4割に満たず。
  • 「県外や私立高校への進学を考慮しても、中学から高校への支援計画の伝達については課題がある」と答弁。

続きは京都新聞のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう