<長野県>「予防接種、予約取れない…」インフルワクチン不足、県内も

予防接種、予約取れない…」インフルワクチン不足、県内も
出典:中日新聞 – 「予防接種、予約取れない…」インフルワクチン不足、県内も

インフルエンザの流行が始まったが、ワクチン製造の遅れから、県内の医療現場でもワクチン不足が続いている。予約を打ち切る病院も少なくなく、接種希望者は「何回も断られた」とワクチンを探し回る。そんな中、一部自治体では高齢者予防接種の助成期間を延長。国は今月中旬以降は安定した供給量を見込めるとして、落ち着いた対応を呼び掛ける。

  • 今年は厚生労働省によるワクチン株の決定が例年より一カ月遅れたため、生産量が昨年より一~二割減る見通し。
  • 製薬会社からのワクチンの入荷も例年に比べて遅れており、現在も入荷のめどが立たず新規の予約を十一月中旬から中止している。
  • 県内医療機関では、今年千三百回分の接種を見込んだが、現時点でめどが立ったのは九百五十回分という病院も。

続きは中日新聞のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう