<福島県>カツオ刺し身も原因「アニサキス」食中毒が急増

カツオ刺し身も原因「アニサキス」食中毒が急増
出典:YOMIURI ONLINE(読売新聞) – カツオ刺し身も原因「アニサキス」食中毒が急増

寄生虫「アニサキス」による福島県内の食中毒の発生件数が今年既に19件に達し、昨年1年間の11件を大きく超えるなど過去10年間で最悪のペースとなっている。
うち8件はカツオの刺し身が原因と判明。県は小売店や消費者らに注意を呼びかけている。

  • 厚生労働省によると、アニサキスの幼虫は長さ2~3センチ、幅0・5~1ミリで、白い糸のような形をしている。
  • 食中毒になると、みぞおちや下腹部に激しい痛みを感じたり、嘔吐おうとしたりする。
  • 県食品生活衛生課によると、県内でアニサキスを原因とする食中毒は、12~16年は0~3件で推移していた。同課の担当者は「急増した原因はわからない」と話す。

続きはYOMIURI ONLINE(読売新聞)のサイトで

アニサキス症 – 寄生虫シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう