汗をかかない人ほど夏は危険!「無汗症」になる3大要因とは

汗をかかない人ほど夏は危険!「無汗症」になる3大要因とは
出典:DIAMOND ONLINE – 汗をかかない人ほど夏は危険!「無汗症」になる3大要因とは

関東甲信越地方では観測史上最も早く梅雨が明け、全国各地で気温35度以上の猛暑日が続いており、「汗」に悩まされている人は少なくないだろう。なるべく汗はかきたくないものだが、汗には重要な役割があり、むしろ汗が出なければ大きなトラブルにつながりかねない。そこで、気になる汗のメカニズムと、汗や皮膚にまつわる疾患について、長崎大学大学院医師学総合研究科の室田浩之教授に話を聞いた。(聞き手/医療ジャーナリスト 渡邉芳裕)

  • 汗は「体の温度を下げる」だけでなく肌の「保湿作用」「免疫機能」もあった。
  • 汗をかかない人は熱中症のリスク大。
  • 汗の出なくなる無汗症の原因は、大きく(1)薬剤や身体的要因、(2)皮膚疾患、(3)中枢神経あるいは末梢神経の異常、の3つ。
  • 大人の「アトピー性皮膚炎」の人は汗をかかなければさらに悪化する可能性も。

続きはDIAMOND ONLINEのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう