豪雨被災地「アレルギー患者」が直面する危機

豪雨被災地「アレルギー患者」が直面する危機
出典:東洋経済ONLINE – 豪雨被災地「アレルギー患者」が直面する危機

命にも関わることだが後回しにされている

  • 本記事では「アレルギー」を持つ親子たちが直面している危機についてリポート。
  • 当初、三原市の避難所にはアレルギー対応食がほとんどなかった。
  • そこで、地元のアレルギー患者会「三原アレルギーの会ひだまり」が備蓄していたアレルギー対応のアルファ化米100食を持ち寄り、さらに日本小児アレルギー学会や各地の患者会などに支援を呼び掛け、被災から5日ほど経って数百食分を確保。
  • 小麦などの成分を除去したアレルギー対応食を三原市社会福祉協議会の部屋を借り、集まったものを整理。
  • ただ、「ここに食料があることをどうやって知ってもらうか、取りに来られない人にはどうやって届けたらいいのかわからない」と「ひだまり」メンバーの沖のり子さんと中尾みゆきさんは困惑していた。

続きは東洋経済ONLINEのサイトで

食物アレルギー – アレルギーシリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう