期待の新薬も登場! 今年の「インフルエンザ」傾向と対策

期待の新薬も登場! 今年の「インフルエンザ」傾向と対策
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 期待の新薬も登場! 今年の「インフルエンザ」傾向と対策

今年もインフルエンザの季節がやってきた。すでに都内の小学校では学級閉鎖が起きていて、その他の地域でも学級閉鎖が相次いでいる。昨年はインフルエンザワクチン株の選定が遅れ、ワクチンが品薄になり大きな騒動が起きたが今年はどうか? 「北品川藤クリニック」(東京・品川区)の石原藤樹院長に聞いた。

  • 9月に入り全国の公立学校でインフルエンザによる学級閉鎖が相次いでいる。
  • 東京・江戸川区内の小学校では2年生のクラス32人のうち14人が欠席。11日から14日まで学級閉鎖となった。
  • 山形県内の保育施設では園児130人中10人が集団感染。
  • 栃木・矢板市乙畑小学校3年生が学年閉鎖。
  • 確認されたインフルエンザウイルスのほとんどはA型。B型、C型に比べて症状が激しいのが特徴。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで

インフルエンザ – 学校で予防すべき感染症シリーズ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう