ゲーム依存は病気 WHO認定、医療機関に患者の列

ゲーム依存は病気 WHO認定、医療機関に患者の列
出典:NIKKEI STYLE – ゲーム依存は病気 WHO認定、医療機関に患者の列

世界保健機関(WHO)はオンラインゲームなどにはまり、他のことが手に付かなくなる「ゲーム障害」を精神神経系の病気の一つに位置づけた。だが、「病気」と言われてもしっくりこないという声も聞く。どんな症状だと「患者」と判断されるのか。裏付けとなるデータはあるのか。

  • WHOは今年6月に公表した新しい国際疾病分類ICD―11に、「ギャンブル障害」と並ぶ形でゲーム障害を入れた。
  • (1)ゲームをする時間や頻度を制御できない。
  • (2)ゲームが他の関心事や行動に優先する。
  • (3)問題が起きても続ける。
  • (4)個人、家庭、学業、仕事などに重大な支障が出ている。
  • この4つが12カ月以上続く場合にゲーム障害とみなすとしている。

続きはNIKKEI STYLEのサイトで

参考:世界保健機関(WHO) ゲーム障害(英文)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう