【ペット由来感染症】適度な距離感で接することが必要

【ペット由来感染症】適度な距離感で接することが必要
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+ – 【ペット由来感染症】適度な距離感で接することが必要

国内の15歳未満の子供の人口は1571万人(2017年)。一方、ペットとして飼われている犬猫の飼育頭数は1844万頭(同)。少子高齢化や核家族化が進み、いまやペットは家族の一員として大事な存在となっている。しかも、ほとんどのペットがいまは室内で飼われていて、人と動物との関係はより濃密になっている。

  • 知っておかなくてはいけないのが、ペットから人にうつる病気の知識。
  • 人獣共通感染症(ズーノーシス)。
  • ペットとは『友達』と同じような距離感で接することが大切。
  • 何か体調が悪くなって医療機関を受診するときは、必ずペットを飼っていることを医師に伝えること。
  • ペットの飼育を医師に伝えることが重要なのは、動物には無害の病原体が人の病気の原因になっている場合がある。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで


この記事が気に入ったら
いいね!しよう