専門医が指摘 ゲーム依存症患者の約2割はADHDを合併

専門医が指摘 ゲーム依存症患者の約2割はADHDを合併
出典:日刊ゲンダイ ヘルスケア+- 専門医が指摘 ゲーム依存症患者の約2割はADHDを合併

2018年6月、世界保健機関(WHO)によって、正式に疾患と認められたゲーム障害。それは、以下のように定義されている。

「ゲームの優先順位が高まり、生活上の問題が生じても、その他の興味や日常の活動よりもゲームを優先して継続またはエスカレートさせるほど、ゲームに対して自らのコントロールを失っており、個人、家族、社会、学業、仕事などにおける役割に重大な影響を及ぼす状態が、12カ月以上持続するか、上記症状が重症である」

  • いま、このゲーム依存によって、「学校や仕事に行かなくなる」「食事や睡眠も満足に取らなくなる」といった生活に深刻な支障を来す人が増加している。
  • 顕著なのが若年層だ。厚生労働省の研究班の調査では、ネット依存が疑われる中高生は93万人。その人数は5年間で約40万人増加。
  • この中にはSNSや動画に依存している人も多いが、病院を受診するネット依存の大半は、オンラインゲームの依存。

続きは日刊ゲンダイ ヘルスケア+のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう