はしか、世界的流行 ユニセフ発表 フィリピンで1万2000人超感染

はしか、世界的流行 ユニセフ発表 フィリピンで1万2000人超感染
出典:SankeiBiz(産経新聞) – はしか、世界的流行 ユニセフ発表 フィリピンで1万2000人超感染

国連児童基金(ユニセフ)は1日、2018年のはしかの感染数が世界98カ国で17年より増加し、今年に入ってもウクライナ、フィリピンで急増するなど世界規模で流行していると発表した。アジアでも感染は拡大傾向にあり、フィリピンでは今年に入り1万2千人以上が感染、早くも昨年1年間の約1万6千人に近づいている。死者も200人以上出ている。

  • 日本は2015年に、WHOから土着のウイルスによる感染がない排除状態と認定されている。
  • しかし、海外で感染した人が持ち込む「輸入症例」がきっかけとみられる集団感染が毎年のように発生。
  • 19年も大阪府や三重県などで計220人以上の感染が確認されており、過去10年で最多ペース。

続きはSankeiBiz(産経新聞)のサイトで

麻しん(はしか)– 学校で予防すべき感染症シリーズ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう