避妊・中絶 指導要領超える授業明記 都の性教育 広がる裁量

避妊・中絶 指導要領超える授業明記 都の性教育 広がる裁量
出典:東京新聞 – 避妊・中絶 指導要領超える授業明記 都の性教育 広がる裁量

東京都教育委員会は二十八日、教員向けの指導書「性教育の手引」の改訂版を公表し、学習指導要領の範囲を超えた授業の実施を、初めて容認した。「中学校では性交を教えない」などとする指導要領の順守を強調した改訂前から方針転換したともいえ、性教育が変わるきっかけになりそうだ。 (石原真樹)

  • 手引は、小、中、高校と特別支援学校での性教育の考え方をまとめた。
  • 学習指導要領を超える授業について、都教委が昨秋から実施してきた産婦人科医による中学校でのモデル授業を例に。
  • コンドームやピルでの避妊や人工妊娠中絶を含む授業の流れ、保護者への通知文案を掲載。
  • 授業を受けた生徒の94%が「役に立つと思う」と回答したアンケート結果も掲載。

続きは東京新聞のサイトで

参考:東京都教育委員会 「性教育の手引」の改訂について



この記事が気に入ったら
いいね!しよう