増えるストレートネック スマホ、パソコンの使い過ぎに注意

増えるストレートネック スマホ、パソコンの使い過ぎに注意
出典:時事メディカル – 増えるストレートネック スマホ、パソコンの使い過ぎに注意

パソコンで長時間作業したり、スマートフォンを頻繁に操作したりする現代人の間で増えているストレートネック。文字通り、首の骨が真っすぐになっている状態を指し、「スマホ首」ともいわれる。首への負担が積み重なり、首や肩の凝り、頭痛などを引き起こすこともある。その原因や症状、対処法について、川崎市で「首の痛み・ストレートネックの研究所」を主宰する整体師の辰巳葉子さんに聞いた。

  • 首の骨(頸椎=けいつい)は本来、生理的湾曲といって、緩やかなカーブを描き、重い頭をバランス良く支えている。
  • ストレートネックになると、この自然なカーブが失われ、首が真っすぐな状態に。
  • 首のカーブには耐圧を分散するという重要な意味がある。
  • 正常な人なら頭の重さを体全体で支えることができるがこのカーブが崩れると、首に重さが集中し、首回りにある筋肉や神経に大きな負担を与えてしまう。
  • 原因は、長時間のデスクワークやパソコンの作業などにより、首を前に出し、前かがみの姿勢を長く続けることにある。

続きは時事メディカルのサイトで

参考:首の痛み・ストレートネックの研究所



この記事が気に入ったら
いいね!しよう