子どもの「口腔機能発達不全症」…成長に悪影響 早期治療を

子どもの「口腔機能発達不全症」…成長に悪影響 早期治療を
出典:YomiDr.(読売新聞) – 子どもの「口腔機能発達不全症」…成長に悪影響 早期治療を

「食べる」「話す」「呼吸する」といった口の機能が十分に発達しなかったり、正常でなかったりする15歳未満の子どもの「 口腔こうくう 機能発達不全症」。2018年春に新しい病気として分類され、治療に公的医療保険が認められるようになった。生涯を通じて成長や健康に悪影響を及ぼすため、速やかに見つけて対処することが重要だ。(佐々木栄)

  • 「口腔」とは、歯や舌、口の天井にあたる 口蓋こうがい などを含む器官。呼吸や摂食など生命維持の根幹となり、コミュニケーションに不可欠な発声発語も担う。
  • これらの機能は通常、成長とともに自然に備わる。
  • だが、食べ物をかんでのみ込む「摂食 嚥下えんげ 」がスムーズにできない、話し方が不自然、口呼吸をする、いびきをかくなど、気がかりな症状がみられる子もいる。
  • こうした症状の総称が口腔機能発達不全症だ。

続きはYomiDr.(読売新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう