スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



子どもの歯ぎしり ~ いびき、すり減りは受診を

子どもの歯ぎしり ~ いびき、すり減りは受診を

出典:時事メディカル – 子どもの歯ぎしり ~ いびき、すり減りは受診を

睡眠中の歯ぎしりは約20%の子どもに起こり、年齢とともにその割合は減る。初めて子どもの歯ぎしりと睡眠周期との関係について研究を行った、大阪大学大学院(大阪府吹田市)歯学研究科の加藤隆史教授に聞いた。

  • 歯ぎしりは「睡眠時ブラキシズム」という睡眠中の異常現象の一つ。
  • 不安やストレス、睡眠や発達の障害などが関係するとされているが、発生のメカニズム、睡眠の質との関係などの多くの要因が明らかではなかった。
  • 加藤教授らは、睡眠の病気や発達の障害がない6~15歳の子ども44人を対象に、一晩かけて睡眠検査を実施し、歯ぎしりをする子どもの割合、起こるタイミングやその時の脳波などを調べた。
  • その結果、27.3%の子どもが該当することが分かった。

続きは時事メディカルのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう