子どもの近視悪化を防げ 就寝中レンズ、目薬の治験も

子どもの近視悪化を防げ 就寝中レンズ、目薬の治験も
出典:NIKKEI STYLE(日本経済新聞) – 子どもの近視悪化を防げ 就寝中レンズ、目薬の治験も

子どもの近視の進行を抑えようとする取り組みが本格化してきた。特定の目薬やコンタクトレンズを使った治療法などが海外で報告され、国内でも自由診療で受けられたり、臨床試験などが進む。「遺伝だから仕方がない」などとあきらめることも多い子どもの近視だが、専門医は「早期発見や新技術により、対処できる可能性が広がっている」と指摘する。

  • 寝ている間だけ専用のコンタクトレンズをつけて起きている間の視力を回復させる「オルソケラトロジー」という治療方法がある。
  • 遠くのモノが見えにくくなる近視の多くは、遺伝や環境の影響で起こる。
  • 目のレンズと網膜の間の距離(眼軸)が伸びてピントが合わなくなるのが主な原因。
  • 目が発達する10代前半くらいまでは眼軸が伸びて近視が進みやすい。
  • オルソケラトロジーは、就寝中に専用コンタクトレンズを装着し、角膜の形を一時的に変えることで視力を回復させる。国内でも承認済みの近視の治療法。

続きはNIKKEI STYLE(日本経済新聞)のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう