学童の近視 進行を予防するには? 沖縄県医師会編「命ぐすい耳ぐすい」

学童の近視 進行を予防するには? 沖縄県医師会編「命ぐすい耳ぐすい」
出典:沖縄タイムス – 学童の近視 進行を予防するには? 沖縄県医師会編「命ぐすい耳ぐすい」

夏休みの時期には、学校健診で視力低下を指摘された子どもたちが眼科に大勢やってきます。学校での視力判定は、A(1.0以上)視力は正常、B(0.7~0.9)学校生活への影響はわずか、C(0.3~0.6)教室後方の席からは黒板の文字が見えにくい、D(0.2以下)教室の前列でも黒板の文字が見えにくい、と解釈します。眼科医は授業に支障がでないよう、必要に応じて眼鏡を掛けるよう助言します。

  • 2016年度学校保健統計調査によれば、裸眼視力1.0未満の割合は、小学生で31%、中学生で55%、高校生で66%といずれも過去最高でした。
  • 近視人口はこのわずか数十年でアジアを中心に世界的に増加傾向にあり。急増の原因は遺伝子因子の変化というよりも、環境因子の変化による影響が大きいとされています。
  • 「近業時間」(目とモノとの距離が近い状態で作業する時間)の増加や「屋外活動時間」の減少が、近視人口の増加に関係している可能性がある。
  • では、学童の近視の進行を抑えるにはどのような方法があるでしょうか?

続きは沖縄タイムスのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう