車いすで街のゴミを拾う競技に健常者が参加して得る「気づき」

車いすで街のゴミを拾う競技に健常者が参加して得る「気づき」
出典:DIAMOND ONLINE – 車いすで街のゴミを拾う競技に健常者が参加して得る「気づき」

2020年東京オリンピック・パラリンピックを控えて、日本は海外からの観光客への「おもてなし」の準備が進んでいるだろうか?特に、障害を持つ方に対しては、どのように対応すればいいか。パラリンピアン(パラリンピック出場経験者)で車いすユーザーが仕掛けるイベントを紹介しよう。(医療ジャーナリスト 福原麻希)

  • 近年、街の「ごみ拾い」にルールを定め、競い合うスポーツに進化させた「スポGOMI※1(スポーツごみ拾い)大会」が各地で開催されている。
  • ルールは、あらかじめ決められたエリアで、制限時間内にチームでごみを拾うこと。拾ったごみの量と質でポイントを競い合い、順位を決める。
  • このスポGOMIの車いすバージョン「車いすスポGOMI」。
  • パラリンピアンで、特定非営利活動法人D-SHiPS32(ディーシップスミニ)代表の上原大祐さん(35歳)が発案し、同法人のプロジェクトとして運営。
  • 「車いすスポGOMI」は健常者も参加できる。上原さんから車いすの乗りこなし方やサポートの方法を十分時間をかけて学んだ後、街へ出て行き、ごみ拾いをする。
  • 同時に、本部から指令されたミッションをこなしながら、街中のバリアフリーとバリアを探して、手元のマップに書き込む。順位は拾ったごみの量とマップのチェック数で決まる。

続きはDIAMOND ONLINEのサイトで

参考:ゴミ拾いはスポーツだ – 一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう