知っておきたい「パラリンピック」の成り立ち、現状、面白さ

知っておきたい「パラリンピック」の成り立ち、現状、面白さ
出典:東スポWEB – 知っておきたい「パラリンピック」の成り立ち、現状、面白さ

2020年7月24日の東京五輪開会式まで3年を切ったが、パラリンピックも要注目だ。8月25日の開会式を皮切りに22競技が行われるが、五輪と比べると世間への浸透度はまだまだ低く、関係者は機運を高めようと努力を続けている。当然、大会の位置づけも大きな意味を持ってくるだろう。そこで今回はパラリンピックの成り立ちから現状、面白さまで大特集。本紙イチ押しのパラ競技も併せて、お届けする――。

  • パラリンピックの前身はストーク・マンデビル大会だった。戦争で負傷した軍人を収容していた英国のストーク・マンデビル病院の名前が由来で、すでに1948年に始まった。
  • 本格的な国際大会として60年に第1回大会がローマで開かれ、64年の東京大会から「パラリンピック」の名称が使われるようになった。「パラリンピック」とは「パラレル(もうひとつの)+オリンピック」という意味で、今回が16回目の大会になる。
  • 東京五輪・パラリンピック組織委員会の中南久志統括室長(50)が明かす。

    「64年大会は約300人のパラ選手が参加したんですが、日本の関係者は海外選手との違いに衝撃を受けました。日本の選手は大会が終わると、リハビリセンターや病院に帰っていく。どこか閉じこもっているイメージなんです。ところが、海外の選手は職業を持っていて、ちゃんと社会参画している。これには驚いたそうです」。

続きは東スポWEBのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう