「東京パラリンピック」が真にスゴいその理由

「東京パラリンピック」が真にスゴいその理由
出典:東洋経済ONLINE – 「東京パラリンピック」が真にスゴいその理由

いまやオリンピックよりもイケイケのようにも思えるパラリンピック。もちろん、2020年東京大会ではメダル量産の期待もかかる。だが、脚光を浴びる一方で、根深い課題を抱えている――。実は、それが日本のパラリンピックの現状なのだ。

  • 日本のパラリンピックでの成績は、このところ低迷している。
  • 選手がベストコンディションで大会に臨むためのサポートやライバル選手に関する情報分析不足に加えて、そもそものところで選手層の薄さも原因ではないかと。
  • 日本は、選手は成績を急速に伸ばしているのに対して、サポート体制が追いついていない。
  • より本質的な課題は、パラリンピックの各競技を統括する「競技団体」の組織基盤の脆弱さ。
  • こうした状況を受けて、東京パラリンピックに向けて総額100億円の支援を表明したのが日本財団。2015年に「日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)」の開設にこぎ着けた。

続きは東洋経済ONLINEのサイトで

参考:日本財団パラリンピックサポートセンター




この記事が気に入ったら
いいね!しよう