ボッチャも授業に…パラリンピック目指し、特別支援学校がスポーツ教育強化

ボッチャも授業に…パラリンピック目指し、特別支援学校がスポーツ教育強化
出典:YomiDr.(読売新聞) – ボッチャも授業に…パラリンピック目指し、特別支援学校がスポーツ教育強化

3年後の東京パラリンピックを目指し、障害のある選手の育成や競技のレベルアップを目指す特別支援学校が増えている。日本体育大学が今春、付属特別支援学校を開校させたほか、公立校も部活などでのスポーツ教育に力を入れ始めた。

  • 体大はパラリンピック選手の育成も視野に、今春、同校を開設。
  • 別支援学校は障害のある児童や生徒が通う学校で、全国に1000校以上あるが、スポーツ教育を主体とする特別支援学校の設立は初めて。
  • 高等部のみで、第1期生は、道内のほか東京都や神奈川県、愛知県などから集まった知的障害のある男子19人で、寮生活を送っている。
  • 開催地となる東京都は2015年度から、ボッチャなどのパラリンピック種目を授業に取り入れたほか、文京盲学校、府中けやきの森学園など一部の都立特別支援学校を拠点とし、スポーツ指導者を部活動に招いて全国大会を狙える選手の育成も目指す。

続きはYomiDr.(読売新聞)のサイトで




この記事が気に入ったら
いいね!しよう