花粉症の舌下免疫療法 秋は治療開始のタイミング

花粉症の舌下免疫療法 秋は治療開始のタイミング
出典:産経ニュース – 花粉症の舌下免疫療法 秋は治療開始のタイミング

日本人の4人に1人が花粉症に悩まされているとされる現代。花粉症といえば春を思い浮かべるが、スギ花粉による花粉症に大きな効果が期待できる「舌下(ぜっか)免疫療法」は、花粉が飛んでいる時期には始めることができない。専門家は「花粉症がつらかった春の記憶が残っている秋から、治療を始めましょう」と呼びかけている。

  • 花粉症の治療には、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状を薬で抑える対症療法と、アレルギーの原因となる物質を少量ずつ投与して体をスギ花粉などに慣れさせていくアレルゲン免疫療法がある。
  • アレルゲン治療法は根本的な体質改善が期待できる治療法で、長期にわたって症状を抑えたり和らげたりする可能性がある。以前は注射による皮下免疫療法しかなかったが、平成26年10月からは自宅で1日1回、舌の下に治療薬を滴下する舌下免疫療法が健康保険の適用となった。
  • 舌下免疫療法は、特に春など花粉が多く飛んでいる季節には治療を開始できない。治療薬に含まれるアレルギーの原因となる物質と、天然の花粉を一緒に体に取り込むことで、予期しない副作用が起きる懸念があるためだ。

続きは産経ニュースのサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう