スクウェルがお薦めする「ウィルス不活化装置」V-VALIAのご紹介

この度、スクウェル事務局(株式会社インターテクスト)は、イオンクラスター技術によってウィルスを不活化、また浮遊カビ菌、ホルムアルデヒド、PM2.5の除去に有効で、空気を清潔に保つことに貢献する「ウィルス不活化装置」V-VALIAの販売を開始いたしました。

 これまでスクウェル事務局では、学校における子どものウェルネスを追求し、手洗い推奨をはじめ、感染症についての啓発情報の発信に努めてまいりました。その信頼基盤の上に、科学的なエビデンスを備えた優れた商品を、学校をはじめとしてそれらを必要とする施設にご提供したく存じます。

 新型コロナウィルスによる不安は、多くの学校、団体、企業や個人を苦しめています。スクウェル事務局ではこれらの方々の不安を少しでも取り除き、健康で安心な生活を送れるように、引き続き尽力してまいります。

 こんな方々のために



18歳未満で変異株の感染拡大 従来株の1.5倍、学校クラスター懸念

18歳未満で変異株の感染拡大 従来株の1.5倍、学校クラスター懸念
出典:西日本新聞 – 18歳未満で変異株の感染拡大 従来株の1.5倍、学校クラスター懸念

全国で感染が広がりつつある新型コロナウイルスの変異株について、18歳未満の感染割合が、従来株と比べて1・5倍以上となっていることが国立感染症研究所(東京)の分析で分かった。若年層の感染が少ないとされてきた従来株と異なる様相を見せており、専門家は他の世代と同様に警戒が必要だと指摘する。感染が急拡大している大阪府は、小中高校の部活動休止の要請を決定するなど若年層対策に乗り出した。

  • 厚生労働省のデータによると、全国の自治体が13日までに報告した変異株感染者1159人(ゲノム解析分)の年代別内訳は、20代が225人(19・4%)と最も多かった。
  • 10歳未満の100人(8・6%)、10代の125人(10・8%)を合わせると、20代以下が全体の38・8%を占め、30~50代の36・3%を上回った。
  • 感染研が7日発表した変異株の症例分析(2月1日~3月22日)でも、18歳未満の感染者の占める割合が上昇。従来株と比べて0~5歳は1・83倍、6~17歳は1・63倍に上った。

続きは西日本新聞のサイトで



この記事が気に入ったら
いいね!しよう