<福島県>甲状腺検査縮小も検討を 福島県小児科医会が要望

甲状腺検査縮小
東京電力福島第1原発事故の健康影響を調べるため、福島県が県内の全ての子どもを対象に実施している甲状腺検査を巡り、県小児科医会(太神和広会長)が25日、検査規模の縮小を含め、検査の在り方を再検討するよう県に要望した。

Screenshot

共同通信

甲状腺検査縮小も検討を 福島県小児科医会が要望

小児科医会は、これまでの検査で多数の甲状腺がんが発見されたことにより、検査を受けた子どもや保護者、一般の県民にも健康への不安が生じていると指摘。検査やその後の治療の進め方を巡り「一部見直しを含む再検討が必要」とし、関係機関に対応を求めた。
レントゲン検査のイラスト
”A4サイズのイラスト(ログインしてください。)”

 太神会長は、検査規模を縮小しても放射線被ばくによる影響の有無などを把握することは可能との認識を示した。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう